複数人の投資家たちが集まるリートとは|証券会社の選び方

メンズ

海外fxと日本fxの違い

お金

fxは日本のfxと海外fxで大きな違いがあります。それはレバレッジの倍率です。日本では現在最大25倍までと決まっています。そういった制限が設けられた理由としては、初心者の方が日本fxを行なった際に損失などを考慮せずにほとんどの資金を投資、その後の取引で損失が出てしまうとその資金全てを失ってしまうということからレバレッジ規制が設けられるようになりました。それに対し、海外fxの場合は全くそういった規制がありません。そのため、レバレッジの倍率には大きな差が生まれるようになりました。そうなってくると、必然的に儲けがでるほうを選ぶため日本fxから海外fxへ移行してくる人が次第に増えていったのです。また、上記であげたような損失をして口座残高がマイナスになってしまった場合には、日本の追証制度というものによってその分支払わなければなりません。口座の証拠金がなくなるだけではなく、マイナス分の支払いも必要となると、それだけでかなりのダメージです。しかし、海外fxの場合は、そういったマイナスが発生した場合でも会社が負担してくれるゼロカットシステムというのを導入しているので、証拠金として入金した以上に損をすることがありません。こうした違いによって日本fxと海外fxの人気の差が生まれているのです。
海外fxを利用するのであれば、レバレッジの倍率の他にも取り扱い銘柄の多さや、スプレッドや約定力といったものも比較してみてどれが最適化を選んでみましょう。